2014年07月31日

歯医者に慣れてきました

■今日の体調
絶不調からは少し良くなりました。
あまりにも衝撃的な出来事が起きてしまい、パニック障害なんてとてもちっぽけなことに思えました。
まあ、ほぼパニック障害は治っているのでそんなこと言えるのですが。
まさか自分がこんな経験をするとは思いもよらず、涙に明け暮れていました。
墓場まで持って行くことがまた一つ増えました。

笑っていいんだろうか。
人とおもしろくおかしくおしゃべりなんてしていいんだろうか。
不謹慎じゃないか。
そんな思いで過ごしていたら、同じ思いをしている人に「もういいんじゃないかな。傷のなめ合いしたって仕方ないんだし。私と同じ思いをしている人がもう一人いると思うだけで心強いよ」「お母さんが笑ってないとだめだよ」
なんて喫茶店で二人でボロボロ泣きながら再起を誓いました。

それでも元がマイナス思考なのでずるずると引きずっていました。
そうしたら今日、一回り年上の人に「何年生まれ?」と聞かれたので答えたら、「あら、同い年じゃない」と言われました!!!!
私ってそんなに老けてる!?(T_T)

最近笑ってないし、体調も絶不調で肌もボロボロなんで加速度的に老いてきているのかもしれません。
もうショックでショックで・・・。
いかん、このままではいかん!
本当にもう引きずるのはやめようと心に誓いました。

このブログもあれだな・・・。
「パニック障害」ではなく、もうそろそろ「更年期障害」に題名変えようかしら(^_^;)

昨日も歯の治療に行ったのですが、だいぶ慣れてきましたね。
最初は死にそうなくらいドキドキしたけど、痛くないので拍子抜け。
口をずっと開け続けるのがちょっとつらいな〜と思ったけど。
昨日は型取りをしました。
そういえば型取りって気持ち悪いイメージがあったなぁ〜と不安だったけど、手際のよい歯科衛生士さんで下も上も2分ぐらいでぱぱっと型を取ってくれました。
嘔吐反応が出る人もいるらしいけど、私は出ませんでした。

多分、次で最後だと思います。
これが終わったら、ちゃんと年一度の歯科検診にまじめに通おうと思っています。
私が通っているというか、詰め物が取れたら仕方なく行っている歯科医院は患者さんのアンケートを採っているせいか、行くたびに感じがよくなってるんですよね。

次男は同じ歯科医院に矯正で通っているのですが、治療中寝てしまったとか言ってるくらいなので、歯の治療ってホント進歩してるんですね。

でも、やっぱり全然怖いということはないので、行く前にレスキューレメディは毎回しっかり飲んでます(^^)



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村

ブログ王ランキング
posted by keika at 17:13| Comment(0) | 克服できたこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月04日

最近の歯科治療は痛くない!

■今日の体調
相変わらずだるいです・・・。
でも、動こうと思ったら動けるんですよね。
家から一歩も出たくなかったんですが、金曜日は習い事があるので仕方なく出ました。
出ると意外と動けるんですよね。
人と会うので話し、話すと気分転換になり、帰りにコンビニにも寄りました。


さて、最近歯の治療に通っています。
昔から歯医者が怖くて、できることなら一生通いたくなかったのですが、とうとう詰め物が取れました(T_T)
たしか7〜8年前も詰め物が取れたことがきっかけで渋々歯の治療に通った覚えがあります。

パニック障害の人にとって鬼門はいろいろありますが、その最たるものは美容院と歯医者ではないでしょうか?
私は何とか美容院は克服しました。
自分に合う美容院をやっと探し出しました。
夫婦で経営している個人美容院で、スタッフはご夫妻だけ。
いつも大型犬2匹がお出迎えしてくれます。

決め手は白髪染めのときのツンとしたニオイがないことと、頭皮がヒリヒリしないこと。
そのため下処理に時間がかかり、少々値段も高いけれど、途中で気分が悪くならないのでこの美容院以外行く気になれません。
とにかく信頼ですね。
何かあってもこのご夫婦だったら大丈夫だろうという信頼。
なので、途中で気分が悪くなることはなくなりました。

美容院は克服したとしても、問題は歯医者。
7〜8年前の記憶はやはり「痛かった」「怖かった」・・・。
まだパニック障害まっただ中だったので相当しんどかった覚えがあります。
診察台で気を失うんじゃないか、もしかして死ぬんじゃないかという恐怖との闘い。
心臓がドキドキして冷や汗たらり。
救いは優しい歯科衛生士さんの声でした。
恥ずかしながら歯科衛生士さんに「怖い」とか「ドキドキする」とか訴えていたような覚えがあります。
それに優しく対応してくれたと歯科衛生士さんだけが頼りでした。

そのとき、虫歯の治療を全部し、歯垢の除去もお願いしました。
親知らずが虫歯になっていたので抜歯もしてもらいました。
抜歯はびっくりするぐらい痛くなく、スムーズにいったので「え? これで終わり」と拍子抜けしましたが、虫歯の治療と歯の掃除はきつかったです。

その当時はまだ麻酔を打つための麻酔を歯茎に塗っていました。
歯の治療も痛いときがあって、「痛い」というそぶりをしたら「痛くないでしょ!」と叱られたような・・・。
怖かった(>_<)
歯垢を取ってもらったときも痛かったし、歯茎から血も出ました。
そんな記憶があるもんだから、今回違う歯医者に行こうかと考えていました。

でも、いつも混んでいるということは腕がいいという証拠のはずと勇気を振り絞って前回と同じところに行きました。
今まだ歯の治療は続いていますが、驚いたのは治療方法が進歩していること。

まず、麻酔がコンピュータ制御の麻酔に変わっていました。
最初ちくっとはしますが、それ以降ほとんど痛みは感じませんでした。
麻酔を打っている時間は長く感じましたが、その間音楽が聞こえてきて何だか笑えました。
口をずっと開けているのがしんどかったぐらいです。

麻酔の効き方も今までと違っていて、今までは腫れぼったくしびれて、よだれが出てるんじゃないかと思うぐらいだったのですが、今回のはしびれが少なくて本当に麻酔が効いているのか心配になったぐらい。
私の心配をよそにギュインギュイン歯を削っても全く痛くなかったです。
本当に全然痛みを感じなくて「あれ?」「ん?」と思いました。

歯の掃除をしてもらったときも機械の進歩なのか、音の割に痛くない。
歯科衛生士さんの腕がよかったのか???
でも、今まで感じたことのない感覚の機械だったの機械の進歩なのかな。

とりあえず今まで3回の治療で痛みを感じたのは、ちくっとした麻酔くらい。
健康診断で採血してもらうときの痛みよりは痛くないと思います。

今回も相当ドキドキしたのですが、あまりの痛みの少なさに拍子抜けです。
歯の治療って進歩してるんですね!

前歯にも虫歯があると言われたので、あと3〜4回は通うのかな?
とりあえず痛くないということがわかったので、安心して通えます。
ま、ドキドキ感はなくならないと思うけど、それほど怖くないと思えたのがとにかく嬉しいです。

コンピュータ制御の麻酔をしてくれる歯医者はおすすめです!



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村

ブログ王ランキング
posted by keika at 16:52| Comment(0) | 克服できたこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする