2015年02月03日

半断食2ヶ月目突入

■今日の体調
生理が来て体が軽くなりました。
やはり生理1週間前には喘息が出たというか喘息ぎみになりました(T_T)

生理前1週間前くらいから少しずつ何だか喉の奥のほうがゼロゼロ言いだし、歩くのがしんどくなり、またもや大量の痰が出始めました。
そして、いったん暖かい日が続いていたけど、またどんと寒くなった日がピークでしたね。
息切れが激しくなり、やばいやばい息ができないとパニックになり、寝る前に久々に薬を吸入しました。
薬を吸入したという安心感なのか、効き目が抜群なのか、その1回きりでそれ以降は薬なしでも何とか生活できました。

いつもなら生理の前日や当日がピークなのに今回は違ってたな。
思い当たる節といえば、チョコレートの食べ過ぎと気温の変化くらいかな。
チョコレートの食べ過ぎは反省しています(^_^;)
ちょっと体調がいいもんだからついこのくらい・・・と手が止まらなくて食べ過ぎました。
いつもなら炭水化物は何グラムか確認するんだけど、今回は裏面の記載を見なかったというか、わざと見なかったです。

生理が始まった今も痰は出ています。
相変わらず透明のやつです。
もう本当に嫌になるくらいの量が出ます。
ピーク時より減ってはいるものの、こう痰が出ると外出もままなりません。

でも、不思議なことに歌っているときは咳も痰も出ないんですよね〜。
歌っているときの呼吸法がいいのかな。
鼻で息を吸って声を出しながら息を吐いていくという。
練習が終わって気が抜けると一気に咳と痰が出ますが。

喘息になってから免疫の本をたくさん読みました。
中には、喘息は副交感神経優位の病気なので、喘息にかかる人はだらけた生活、楽な生活をしている人だ、みたいなことが書かれていたりします。
結構ショックなんですが、思い当たる節もあります。
鼓膜が破れて1ヶ月ジムを休んでからというものジムに通うのが面倒になり、運動する機会が減っていました。
中学、高校のPTA役員も子どもの卒業と同時にお役ごめんでやれやれって感じで少し気が緩んでいました。

でも、ストレスはいまだかつてないほどのストレスを昨年持続的に受けました。
これでもかこれでもかというほどショッキングな出来事が続き、しばらく立ち直ることができませんでした。
笑える日なんから来るんだろうかと思ってたら、喘息になって息が吐けなくなり、本当に物理的に笑うことができなくなりました。
喘息が落ち着き、久々にバラエティー番組を見て笑ったら顔が筋肉痛になったほどでした。

本当に昨年は今まで生きてきた中で最悪の年でした(^_^;)
おかげでこれからも「えーーー!?」という出来事は体験すると思うけど、大抵のことには耐えられるねとダンナと言ってます。

泣いた分だけ強くなりました。
あとは体力をつけるだけです。



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村

ブログ王ランキング
タグ:喘息
posted by keika at 10:32| Comment(0) | 少食のすすめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする