2016年09月07日

喘息に効く漢方は人それぞれ

■今日の体調
相も変わらず、動くと息切れ、少々の咳と痰。
喘息、全然治らず。
いろいろやってきましたが、効果なし。
しゃべるのも歩くのもきついので、人と会うのが億劫になってきました。

【私が喘息治療のために今までやってきたこと】

・一番最初にやったことは、病院に行って、もらった薬をまじめに飲むことでした。
→ 1〜2ヶ月病院に通い、まじめに薬を飲んだけど、どんどん悪化。
最終的に呼吸困難になり、病院で点滴。以後、医者の言うことが信用できず、病院を転々と。今、4軒目。

・冷え取り
→ 夏でも冷え取り靴下4足セットを履いて寝たり、湯たんぽを抱えたり(さすがに夏は抱えなかったが)、とにかく下半身を冷やさないように努力すること2年。体を温めたところで喘息は治りませんでした。
今年の夏から冷え取り靴下をやめましたが、足首だけは冷やさないようにしています。
必ず靴下かストッキングを履くようにしています。夏でも素足にはなりません。

ちなみに虚弱体質な癖に体温はもともと高いです。低温期は36.6℃、高温期は37.0℃。
よく「体温低い?」と聞かれるけど、高いんです。でも、体は弱いです(>_<)

・少食または断食または玄米菜食
→ もともとが少食なのにさらに減らすと貧血に。検診の結果、ヘモグロビンの値が順調に下がってきました。貧血で立ちくらみ、めまいが起き、鉄剤のお世話に。
やっぱり貧血改善のためには肉を食べたほうがいいと思う。もともとそんなに好きじゃないけど。

喘息の悪化で意図的に少食にしなくても全く食べられない時期があり、体重10キロ減。ガリガリに。
今は5キロ戻りましたが、「痩せた?」という言葉が嫌いになりました。

・糖質制限
→ 痩せたけど喘息は治らず。友達が減る。家族に嫌がられる。
今は太りたいので糖質取ってます。ただし少量しか食べられなくなってしまった。
一人前が食べられないので外食が苦痛です。

・漢方やサプリメント
→ 自分でネットで調べたり、薬局で相談したりして漢方やサプリメントを飲む。高い金を払ったのに喘息は治らず。

・鍼や整体、アロママッサージ
→ 鍼や整体に通ったが、お金が飛んでいくだけで治らず。アロママッサージは効果があったが、しばらくするとまた元に戻る。

・運動
→ 息切れが激しく、まず運動ができない。チャレンジしてみたが、呼吸困難で死ぬかと思った。ラジオ体操ですら辛い。

・あいうべ体操と寝るときに口にテープを張って寝る。
→ 今やっているが、特に目立った変化なし。


結局、去年と同様、今年も夏に点滴を打ち、1週間から10日に一遍レルベアを吸入して何とか過ごしています。
レルベアを処方してくれた先生は「これは毎日吸入して1週間ぐらいしないと効かないから」と言うんだけど、吸入してすぐ効くので、結構強い薬なんだろうなとちょっと怖いです。
これがないと生きていけなくなることが本当に怖いです。


そんなこんなで今、漢方を出してくれる病院に行き始めました。
一番最初に行った病院も漢方を出してくれる病院だったけど、プラス西洋の薬どっさり。1〜2ヶ月まじめに飲んでたけど悪化する一方でした。
で、次行った病院が出したのがアドエア。
その次行った病院が出したのがレルベア。
対症療法だよね・・・。

今行っている病院は、雰囲気が微妙で怖かったけど、私の「漢方を出してくれる病院」のイメージに近かったです。
初めて病院で舌診をしてもらいました。

私の場合、虚証、水はけが悪い、痰が出る、血圧が若干高めということで麻黄が入っていない「苓甘姜味辛夏仁湯(りょうかんきょうみしんげにんとう)」という薬を7日分出してもらいました。
7日間飲んでみて、胃の不調が少し良くなった感じと痰が減ってきた感じがしてきたので、同じ薬をもらいに行きました。
今度は最低でも2週間分欲しいなと思ったけど、「多めに出しておくね」と言われて10日分でした。
そして、私に合う漢方を探しておいてくれると言ってくれました。
「苓甘姜味辛夏仁湯」も私に合ってると思うんだけど、もっとぴったりのがあるのかな。
やっぱり漢方を飲むときは、ちゃんとした人に診てもらうべきですね。当たり前だけど。
医者と病院がどうも苦手でなかなか腰が重くて・・・。

病院で処方してもらうのはツムラの漢方です。
ネットでもありますね。
ツムラのじゃないけど。




ぱぱっと計算すると、保険が利く分、病院で処方してもらったほうが安いですが、大容量だとネットで買うほうが安くなるかも。
病院だと病院代+薬代かかるから。
でも、今度行ったとき、症状によって薬が変わるかもしれないから、ネットではなく、しばらく今の病院に通ってみます。

しかし、暑いですね・・・。
9月ってこんなに暑かったけ???



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村

ブログ王ランキング
posted by keika at 12:12| Comment(2) | 喘息治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして(*^^*)
私もパニック障害に悩むアラフォー主婦です。
5年前に子宮内膜症の手術をして以来パニックが悪化して同じように医者を巡り冷えとりや食事療法をやりましたがこれといって効果なしです。ずっと暗闇の中をさまよってる気分でした。
私も漢方医から水毒湿痰の症状と言われて、鼻水、痰が凄いです。
また貧血もひどく四月にはヘモグロビン6まで下がり入院
点滴治療しました。
ヘモグロビン12まで増えましたがまだまだ体調はよくありません。

ただ最近通い始めたお医者様から、貧血はヘモグロビンだけではわからないしフェリチンを増やさないことには繰り返すし身体に力が入らないと言われました。
フェリチン調べられたことあります?血液検査で追加してもらったらわかります。
多分低いと思いますよ。私の感覚ですが、貧血はパニック障害や水毒(喘息も)にかなり関係してるんじゃないかな?
それと鉄剤だけでは治らないからミネラルを摂るようにと言われ、高純度ミネラル溶液を水に入れて飲むようにしてます。鉄剤も保険でもらえる非ヘム鉄ではなく吸収率のよいヘム鉄にかえました。
これがなかなかいい感じなんです。

あと腸内環境もよくないだろうから腸内環境を整えるために砂糖だけじゃなく牛乳ヨーグルトバターなど乳製品を全面禁止にと指導されました。
あと、物事の考え方もいろいろ教えてもらってます。

これらのことが私にはよくきいてます。少し希望が見えてきました。
人それぞれのタイプで効く効かないはあるかとおもいますが、私ととても症状が似てらっしゃったので、何かの参考になればとおもいました。

まだまだ暑い日が続きますね。
お身体大切になさって下さい。
Posted by さーちん at 2016年09月10日 13:59
さーちんさん、こんにちは。
超遅レスですが、いろいろな情報ありがとうございます!
体調が悪いと気分もふさぎ込んで、ブログを見たり書いたりするのも面倒でした(>_<)

私も、貧血がいろいろな原因になり得るんじゃないかと思います。
ヘモグロビン6.9まで下がったことありますが、その時は注射で対応しました。
フェリチンは調べてもらったことないですね。
血清鉄はありますが、その時は数値が高くて「サプリメントとか取ってるの?」と聞かれました。
へ〜、高いんだ〜と思って聞き流していましたが、今見たら、基準値超え。でも、ヘモグロビンは基準値以下。
今度貧血の検査をするときはフェリチンもってお願いすればいいかな。

病院でもらった鉄剤がなくなったので、ファイ〇を買いました。
でもやっぱり鉄剤だけ飲んでも改善されないみたいですね。
ミネラルも取らないと。
でも、鉄剤のおかげか、体が鉛のように重かったのが、少し改善されました。

私はもっとタンパク質を取ったほうがいいと言われました。
あと水分は控えめに。そして汗をかく運動を。
運動したいけど、自転車をこぐだけで咳が止まらなくなる今日この頃。
秋の花粉シーズンが過ぎれば、ちょっと良くなるかな(^_^;)
Posted by 管理人 at 2016年11月03日 20:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]