2016年11月16日

喘息に龍角散?

■今日の体調
悪夢の11月・・・。
やっぱり今年も体調を崩しました。
昨年は11月中ずっと風邪を引いていましたが、今年も花粉症と風邪のダブルパンチでした(>_<)
当然、喘息も悪化。
ひょんなことでいったん咳が出ると止まらず、そのままリバース・・・。

自分が喘息とわからなかった一昨年は咳のし過ぎで何度も吐いていましたが、喘息とわかってからは気をつけているので吐くことはなかったのに。
カモミールを飲んでいて、自分の唾が気管に入って咳き込み、そのまま咳が止まらず、最後は嗚咽になり、そのまま一気にリバース。
久々の感覚にショック・・・。
花粉症と風邪のダブルで相当気管支が敏感になっていたんですね(T_T)

11月といえば芸術の秋。
さまざまな行事があります。
花展と合唱のコンサート2つ。
一昨年は体調不良ですべてキャンセル。
昨年は風邪を引きつつも何とかこなしました。
今年は合唱のコンサート、1つ出られませんでした。
リハの時に咳が止まらなくなり、リバース寸前だったので、怖くてドタキャンしました。
いっぱい練習したのに(泣)

それでも今年は1ヶ月丸々体調不良ということはなく、半月で回復しました。
前兆はあったんですよね。
何か最近やたら目が疲れるなと思ってたら、花展の生け込み後に目が充血しまくり。
そして、左の下まぶたもヒクヒクし出しました。
この辺で休んでいたら何とかなったのかななんて思っても、もう後の祭り。

そのうち、くしゃみと鼻水が止まらなくなり、花粉症???
そのまま何の対応もせず、一件目の合唱のコンサート。
リハのときは大丈夫だったけど、帰ってから寒気がしてきて、風邪???
本番では、最後の最後で鼻水が止まらなくなり、喉からも変な音がしてきて少々パニック。

次の日、食事会があったけどキャンセル。
背中と首が痛くなり、一日中寝てました。
何とか痛みも取れたので2件目のコンサートのリハへ。
最初はまあまあだったけど、最後の曲で咳が出始めて、いったん出ると止まらない!
このままではリバースすると思ってトイレに駆け込みました。
喘息の予防薬を吸入しているのにこのざま。
本番でこんな状態になったら、みんなに迷惑がかかるので泣く泣く本番はあきらめました。

このままでは満足に歌も歌えない。
何とかしなければ・・・。
幸い、今回体調を崩しても食欲は落ちませんでした。
以前は全く食欲がなくなったんだけど、最近胃の調子が回復してきています。

まずは食生活から。
きっちりバランスよく食べられるようになってから、体重も順調に増えてきました。
ガリガリよりはましだけど、せっかく痩せたのにもったいな気もしないではない。

喘息の咳は普通の咳止めは全く効きません。
むしろ悪化します。
喉からの咳ではなく、もっと深いところの咳で、むせるような咳。
これってどうにかならないんだろうか。
いろいろ検索してみて、「龍角散」というキーワードに目が留まりました。
龍角散はうちにもあるけど、「せき・たん・のどの炎症」といういわゆる風邪に対する薬だと思っていました。
喘息に効くとは書いていないし、買ったものの放置してました。
一度飲んだけど、まずくて無理って思いました。



しかし、この龍角散、もともは藩主の持病である喘息を治すために作られたものとか。
結局、その藩主の喘息は治ったのか気になるところだけど、龍角散って喘息に効くのか???
いろいろ調べると、龍角散の中に入っている「キョウニン」が喘息によさそう。
そういえば喘息に「キョウニン」がいいと知ったとき、杏仁豆腐をよく食べていたな。

しかし龍角散はまずい。
龍角散のトローチは食べやすいけど、効き目はやっぱり粉のほうがいいような気がします。
ただ、吸入薬は気管支に入っていく感じがするけど、龍角散は飲み込んだらそのまま食道から胃に行っちゃいますよね?
喘息は気管支が炎症を起こしているんだけど、龍角散は気管支には到達しないような・・・。
よくわからない。
けど、しばらく飲んでみようかな。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村

ブログ王ランキング
ラベル:喘息
posted by keika at 12:00| Comment(0) | 喘息治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月07日

喘息に効く漢方は人それぞれ

■今日の体調
相も変わらず、動くと息切れ、少々の咳と痰。
喘息、全然治らず。
いろいろやってきましたが、効果なし。
しゃべるのも歩くのもきついので、人と会うのが億劫になってきました。

【私が喘息治療のために今までやってきたこと】

・一番最初にやったことは、病院に行って、もらった薬をまじめに飲むことでした。
→ 1〜2ヶ月病院に通い、まじめに薬を飲んだけど、どんどん悪化。
最終的に呼吸困難になり、病院で点滴。以後、医者の言うことが信用できず、病院を転々と。今、4軒目。

・冷え取り
→ 夏でも冷え取り靴下4足セットを履いて寝たり、湯たんぽを抱えたり(さすがに夏は抱えなかったが)、とにかく下半身を冷やさないように努力すること2年。体を温めたところで喘息は治りませんでした。
今年の夏から冷え取り靴下をやめましたが、足首だけは冷やさないようにしています。
必ず靴下かストッキングを履くようにしています。夏でも素足にはなりません。

ちなみに虚弱体質な癖に体温はもともと高いです。低温期は36.6℃、高温期は37.0℃。
よく「体温低い?」と聞かれるけど、高いんです。でも、体は弱いです(>_<)

・少食または断食または玄米菜食
→ もともとが少食なのにさらに減らすと貧血に。検診の結果、ヘモグロビンの値が順調に下がってきました。貧血で立ちくらみ、めまいが起き、鉄剤のお世話に。
やっぱり貧血改善のためには肉を食べたほうがいいと思う。もともとそんなに好きじゃないけど。

喘息の悪化で意図的に少食にしなくても全く食べられない時期があり、体重10キロ減。ガリガリに。
今は5キロ戻りましたが、「痩せた?」という言葉が嫌いになりました。

・糖質制限
→ 痩せたけど喘息は治らず。友達が減る。家族に嫌がられる。
今は太りたいので糖質取ってます。ただし少量しか食べられなくなってしまった。
一人前が食べられないので外食が苦痛です。

・漢方やサプリメント
→ 自分でネットで調べたり、薬局で相談したりして漢方やサプリメントを飲む。高い金を払ったのに喘息は治らず。

・鍼や整体、アロママッサージ
→ 鍼や整体に通ったが、お金が飛んでいくだけで治らず。アロママッサージは効果があったが、しばらくするとまた元に戻る。

・運動
→ 息切れが激しく、まず運動ができない。チャレンジしてみたが、呼吸困難で死ぬかと思った。ラジオ体操ですら辛い。

・あいうべ体操と寝るときに口にテープを張って寝る。
→ 今やっているが、特に目立った変化なし。


結局、去年と同様、今年も夏に点滴を打ち、1週間から10日に一遍レルベアを吸入して何とか過ごしています。
レルベアを処方してくれた先生は「これは毎日吸入して1週間ぐらいしないと効かないから」と言うんだけど、吸入してすぐ効くので、結構強い薬なんだろうなとちょっと怖いです。
これがないと生きていけなくなることが本当に怖いです。


そんなこんなで今、漢方を出してくれる病院に行き始めました。
一番最初に行った病院も漢方を出してくれる病院だったけど、プラス西洋の薬どっさり。1〜2ヶ月まじめに飲んでたけど悪化する一方でした。
で、次行った病院が出したのがアドエア。
その次行った病院が出したのがレルベア。
対症療法だよね・・・。

今行っている病院は、雰囲気が微妙で怖かったけど、私の「漢方を出してくれる病院」のイメージに近かったです。
初めて病院で舌診をしてもらいました。

私の場合、虚証、水はけが悪い、痰が出る、血圧が若干高めということで麻黄が入っていない「苓甘姜味辛夏仁湯(りょうかんきょうみしんげにんとう)」という薬を7日分出してもらいました。
7日間飲んでみて、胃の不調が少し良くなった感じと痰が減ってきた感じがしてきたので、同じ薬をもらいに行きました。
今度は最低でも2週間分欲しいなと思ったけど、「多めに出しておくね」と言われて10日分でした。
そして、私に合う漢方を探しておいてくれると言ってくれました。
「苓甘姜味辛夏仁湯」も私に合ってると思うんだけど、もっとぴったりのがあるのかな。
やっぱり漢方を飲むときは、ちゃんとした人に診てもらうべきですね。当たり前だけど。
医者と病院がどうも苦手でなかなか腰が重くて・・・。

病院で処方してもらうのはツムラの漢方です。
ネットでもありますね。
ツムラのじゃないけど。




ぱぱっと計算すると、保険が利く分、病院で処方してもらったほうが安いですが、大容量だとネットで買うほうが安くなるかも。
病院だと病院代+薬代かかるから。
でも、今度行ったとき、症状によって薬が変わるかもしれないから、ネットではなく、しばらく今の病院に通ってみます。

しかし、暑いですね・・・。
9月ってこんなに暑かったけ???



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村

ブログ王ランキング
posted by keika at 12:12| Comment(2) | 喘息治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月11日

「あいうべ体操」と「ビューテイコ呼吸法」

■今日の体調
たまに痰と咳あり。
じっとしていると普通。
散歩も何とか。
でも早歩きとか階段は無理。息切れが半端ないです。

結局、今はレルベア200を1週間とか10日に1回吸入しています。
医者的には毎日吸入しろよって感じなんだろうけど、私的には本当は吸入そのものが嫌です。
レルベア200は私にはきついです。
最近は血圧が下がりすぎて立ちくらみが激しいです。
でも、動くと息切れが半端なく、呼吸困難が激しいときは我慢できずに吸入します。

以前は吸入すると味覚障害が出ていましたが、うがいを念入りにするようになったせいか、はたまた私の体がよくなってきたせいか、そのようなことはなくなりました。
その代わり血圧の低下が激しいので、もうちょっと軽いのにしてもらうよう相談しようと思っています。

去年の今ごろはどうだったのだろうとブログを確認しましたが、去年の夏は一切書いてませんね(^_^;)
たしか夏に一度、熱中症なのか貧血なのかわからなくて病院に行ったら、喘息ですと言われて、でっかい点滴を打った覚えがあります。
ステロイドが入った点滴なのかな。
点滴の後は体調が良くなった記憶があります。

この間は整体に行きましたが、パニック障害で通っていた頃よりは良くなっていると言われました。
パニック障害は交感神経優位で起きるもの、喘息は副交感神経優位で起きるもの。
どっちもしんどいですよね。

食事を見直して喘息を治そうと思っていましたが、ネット検索で「あいうべ体操」と「ビューテイコ呼吸法」を見つけて結構衝撃を受けています(..;)

実際「あいうべ体操」で喘息が治った人もいるらしいのですが、そんな簡単なことで治るの???と半信半疑です。
でも、それで治るのならと毎日やっています。
本も図書館で借りました。
『鼻呼吸なら薬はいらない(今井一彰)』という本です。



あいうべ体操は3週間ぐらいやってるかな。
一日最低30回ということですが、30回以上は毎日やっています。
効果のほどはまだわかりません。

あと「Buteyko Clinic」というロシアのホームページなのかな、それを日本語訳したものがたまたま引っかかって、内容が私には衝撃的過ぎました。

喘息の人は過呼吸ぎみ。息を吸いすぎ。呼吸が大きい。
楽に息を止めていられる時間が40秒未満の人は呼吸が大きい。呼吸を減らす練習をする必要あり。
楽に息を止めていられる時間が40秒以上だとアレルギー反応は出なくなる。
楽に息を止めていられる時間が20秒未満の人は喘息の薬が必要。

ちなみに私は15秒ほどしか息を止められません(;゜ロ゜)

何だか喘息の人は深呼吸はやめたほうがいいみたい。
最近、吸うのも吐くのも今までの半分に心がけていますが、整体の先生にも、そのほうがいいと言われました。
食事よりも呼吸の仕方のほうがもっと大事。
とにかく鼻呼吸を心がけ、寝ているときもサージカルテープを口に縦に張って寝ています。

趣味の合唱、たまに口で息を吸っちゃうのですが、それはよくないですよね。
でも、鼻で息を吸うのが追いつかないときがあるんです(>_<)



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村

ブログ王ランキング
ラベル:喘息
posted by keika at 11:17| Comment(0) | 喘息治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月08日

喘息が軽くなってきました

6:10起床
体温36.61度
血圧109/83 脈拍81
朝の散歩30分
朝食 キウイ1個・ラズベリー・リナグリーン7粒
   友人と喫茶店でモーニング

昼食 友人とファミレスのモーニング(一日中モーニングってやつ)
夕方の散歩30分

夕食 ご飯(金芽米+雑穀米)・鰹のたたき(つけ合わせはタマネギ・ワカメ・ネギ)・ぬか漬け
   クコの実茶
寝る前にタウロミン約12錠

【今日の体調】
今日は妙にお腹が空きました。
でも、友人とモーニングに行く約束があったので、子どものために作ったおにぎりを食べたい誘惑に襲われながらフルーツだけ食べて出かけました。
モーニングではいつもコーヒーを頼んでいましたが、カフェインをやめているのでハーブティにしました。
あとはお決まりのサラダ・トースト・ゆで卵がついていました。

昼食は場所を移動してファミレスへ。
一日中モーニングをやってるので、私はサバ定食にしました。
久々にソーセージとベーコンを食べました。
加工肉は家では滅多に食べません。

最近、喘息が軽くなってきました。
まだ胸から変な音が聞こえるし、咳や淡も出ますが、わしわしと速く歩けるようになってきました。
階段の上り下りも軽快にできるように(^^♪
動けるようになってきたのですが、なんか最近ふくらはぎが痛い。
筋肉痛?

最後に喘息の予防薬を使ってから2週間経ちました。
このまま使わずに済めばいいな。



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村

ブログ王ランキング
posted by keika at 21:39| Comment(0) | 喘息治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月19日

病は気から

■今日の体調
次男がまさかの地元国立大落ち、そして県外私立大への進学という怒濤の3月でした。
引っ越しで体力とお金を使い、一人暮らしの心配で4月初めは喘息が悪化。
まさに「病は気から」そのものでした。
しばらく寝込みましたが、2週間もすると慣れるもんですね。
わからないことはすぐLineで聞いてくるので、今のところほぼ毎日のようにやり取りしています。
一人でも何とかやっているようです。

私の喘息は多分ストレスが主な原因だと思います。
きっかけは風邪だったんですけどね。

パニック障害からの喘息。
きつい・・・。
パニック障害の発作で死ぬことはありませんが、喘息の発作では死ぬことはあるんです。
それが余計不安を募らせます。
薬なんて使いたくありませんが、やばいかもと思ったらすぐ薬を使って気管支を広げています。

でも、ここのところ息切れの度合いがそんなにひどくありません。
ちょっと道路を小走りに渡っただけでゼーゼー肩で息をすることはありますが、前は普通に歩くのもしんどかったんですよね。
歩いては休み、歩いては休み、歩幅も狭いこと狭いこと。
ダンナと出かけると、すぐ置いていかれてました。

次男の一人暮らしに慣れてきたせいで喘息も落ち着いてきたのかも。
昨日は鍼の日でした。
行くたびに「相変わらず悪いです」と言っていたのですが、昨日は「少しいいです」と初めて言えました。

まだまだ明け方、咳き込んだり、喘鳴もあり、朝一番には胸にたまった痰を吐き出すことから始まります。
それでもいつもの生理前より体調はいいです。
声量も復活してきて、合唱のときに声が出るようになりました。
少しずつですが良くなっている感じは実感しています。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村

ブログ王ランキング
posted by keika at 10:52| Comment(0) | 喘息治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする