2012年08月31日

過呼吸の対処法

■今日の体調
1週間ぶりにジムに行き、最初は調子がよかったのですが、最後バテました。
だって暑いんだもん・・・。
昨日は不快指数がマックスになるほどムシムシして頭痛がしました。
天気予報では気温は30度ぐらいの予想だったのに予想って外れるんですね。
今日の新聞で「予想外れ、13日ぶりの猛暑。気温35度超える」みたいな記事があって、やっぱり昨日は暑かったんだなと。

やはり35度を超えると体にこたえますね。
台風の影響らしいですが、明日から9月だというのに35度超えは勘弁してほしいです。

手首のサポーターは水曜日に届き、毎晩つけて寝ています。
効果あり!です。
寝てつけるとしびれなしで目が覚めるけど、つけないで昼間うとうとってするとやっぱりしびれます(>_<)
サポーターが来るまで段ボールを手首に巻いたりしていたけど、ずれて結局しびれていました。
サポーターの効果は確認したものの、なくても少しずつですがよくなっているような気がしているので、もしかしたら買わなくても無理をしないでいたら治っていたのかな〜とも思います。
ともあれ、腕のしびれって大変不快なので日中もなるたけつけて早く治したいです。
手根管症候群用サポーター.jpg

このサポーターをつけているのを見たダンナは「ボーリングでもするのか」ですって〜。
子どもも笑うし・・・(^^;)
いいんです、治れば。


ところで、ここから本題です。

パニック障害と切っても切れないのが過呼吸ですが、この対処法についてこの間NHKがやっていましたね。
驚いたのは、一般的な過呼吸の対処法であるペーパーバッグ法は危険であるということ。
これで窒息死した人もいるそうです。
ビックリです。
私は発作が起きやすいときはビニール袋を持ち歩いていました。
実際使ったこともあります。
なのにこの対処法が間違っていたなんて・・・。ショックです。

過呼吸とは酸素の吸い過ぎではなく、体の中の二酸化炭素が少ない状態で起こるそうです。
なぜそうなるかというと、ストレスなどで息が浅くなるとそうなるそうです。
対処法は意識的に吐く息をゆっくりすることだそうです。
ただ、過呼吸で苦しんでいるときって吐く息を長くゆっくりする余裕はないです!(きっぱり)
結局のところ、収まるのを待つしかないようです。

あとは、なる前に察知して回避すること。
過呼吸になる前って手先がピリピリしてくるのでわかります。
ああ、やばいと思ったときだったら、なってしまったときよりも吐く息に意識しやすいので吐く息をとにかく長く長くと心がけます。
これで結構回避できます。

それから普段の生活でも吐く息を意識していたり、軽い運動を心がけていると過呼吸になりにくい体になります。
とにかくストレスで呼吸が浅くなるのがそもそもの原因なので、そうならないためにはどうすればいいか日頃から考えることも必要ですね。



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村

ブログ王ランキング
ラベル:過呼吸
posted by keika at 16:56| Comment(0) | パニック障害について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月23日

人生に閉塞感ないですか?

■今日の体調
だるいです・・・(^^;)
昨日、ジムで初めて有酸素運動系のスタジオに参加しました。
きつかった〜。

最初は緊張感でめまいがしたけど、適度に休憩があったのでそこでリセットできました。
自分を追い込みたい気分がして参加したのだけど、直前まで迷いました。
でも、えいや〜って入って、無事倒れずに終えたときはホッとしました。

その後、筋トレして帰りました。
家路に着いたときは爽快感しかなかったのですが、遅い昼食を食べ、ワンコとニャンコと一緒にソファでうたた寝をして起きたら体が冷えていました。

それから頭痛がして、今日はだるさと筋肉痛が・・・。
ちょうど祝日なので今日はゆっくり過ごしています。


ところで、昨日ジムで雑誌を読んでいたらパニック障害について書かれていたページがありました。
カウンセラーの方の解説で、パニック障害になる人は人生に閉塞感を感じている人が多いそうです。
そういえば私もそうだったかも。

閉塞感があるにもかかわらず、生き方を変えずにいる人にパニック障害が襲いかかる。
パニック障害は「その生き方でいいの?」と問いかけているのだと。

そうかもしれないですね。
残念ながら生き方をすぐ変えるなんてそうそうできるもんじゃないです。
でも少しずつ、できることから一歩ずつ変えていくことはできると思います。

人の目が気になってやりたいことができなかった私ですが、人って意外と他人のことなんてどうでもいいんですよね。
誰もそんなに見てないし気にしてないもんです。

やりたいことをやって失敗もしょっちゅうで、そのたびに落ち込んでいますが、他人はそんなに気にしてないんだと思うと最近は立ち直りも早いです。
落ち込むときは今でも地の底まで落ち込みますけどね(-_-;)
自分で自分が嫌になるくらいです。

ただ立ち直りが最近早いので、よしとしています。

圧迫感が最近薄れているのを感じています。
だいぶよくなったんでしょうね(^^)


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村

ブログ王ランキング
posted by keika at 13:29| Comment(0) | パニック障害について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月26日

地震への不安とパニック障害

大変ご無沙汰しています。
非常に忙しかったこともありますが、実は書く気がしなかったんです。

中学校で役員をしていますが、今年から高校の役員もすることになりました。
掛け持ちって大丈夫かな……。体力大丈夫かな……。
悩みましたが、せっかく声をかけていただいたので引き受けることにしました。

中学校のPTA総会と高校の理事会が早速続いてあり、早速体調を崩しました(^_^;)
たまたま仕事も入ってしまい、仕事が一段落するまでは本当に辛かったです(>_<)

昨日納品して、その後昼から夕方まで5時間爆睡していました。
GWが終わるまでしばらくは休めます。

そうなんです。
自分さえ頑張れば何とかなることなら何とかなるんです。
頑張りすぎてるなと思えば休むこともできます。

でも、今回の地震の場合、そうはいかないですよね。
私の住んでいるところは余震の多い地域でもないし、液状化している地域でもありません。
だから頑張れるし、淡々と日常生活も送ることができます。

でも、余震の多い地域に住んでいる人のことを考えると、そうはいきませんよね。
自分が頑張ったところで地震を止めることもできない。
毎日毎日余震に怯え、ちょっとでも揺れると「またか」と思い、揺れてないのに揺れてるような感覚に襲われる日々。
私は3月11日の本震とその日の余震、そして15日に静岡で起きた地震以降、そんなに大きな揺れは感じていません。
その私でさえ、1週間ほどは地震酔いを経験しました。

多くの余震が起きている東北から関東の人たちの心と体のことを考えると、気軽に「大丈夫ですよ」なんて書けません。
いつまた大きな地震が起きるんだろうと不安で不安でたまらないことでしょう。
しょっちゅう揺れていると体も悲鳴をあげていることでしょう。
自律神経のバランスも崩れ、夜も熟睡できず、めまいや肩こり、頭痛に悩まされている方も多くいるでしょう。

私でさえ、遠くに行くことを躊躇します。
名古屋に出ているときに地震が起きて帰れなかったらどうしようとついつい思ってしまい、なるべく家の近所、そして子どもの近くにいます。

福島の人はさらに放射能の問題があります。
風評被害に悩まされ、不安という言葉では足りない、「絶望」という言葉しか浮かんでこない人も多いのではないでしょうか。

液状化で家が傾いた人たちは、毎日傾いた家で生活して平衡感覚がおかしくなっていることでしょう。

苦しんでいる人たちのことに思いをはせていると涙が止まらなくなり、しばらく書くことができませんでした。
どんなに苦しいだろう。
そんなときに「大丈夫ですよ。真っ暗なトンネルからいつか抜ける日が来ます」なんて言葉は気休めにさえもならないでしょう。
以前、私は希望を持ってほしいと思いそういうことを書きましたが、書いてよかったんだろうかと悶々としています。

人間は何て愚かな生き物でしょう。
何かがあって初めて幸せを感じることができます。
何にも起こらないことが幸せだとは何も起こらないときには気づきもしません。

生きがいがない、生きている意味がわからないとかうだうだ言っていましたが、そんなものは吹っ飛んでしまいました。
生きがいって必要なんだろうか?
生きている意味って必要なんだろうか?
そんなもの別になくてもいいんじゃないかな。

そんなことよりも「今」どう生きるかが大事です。
地震酔いや平衡感覚がおかしくなっている人はそのまま放っておかず、マッサージや接骨院で体をほぐしてもらってください。
体中、凝り凝りになっているはずです。

私はあまり薬に頼るのは好きではないのですが、一時期は睡眠導入剤や精神安定剤に頼ったこともあります。
それも1つの手だと思います。
心療内科は敷居が高いと思っている人は内科でも構いません。
内科でも睡眠導入剤や精神安定剤を出してくれます。

対症療法に過ぎませんが、どう考えても長丁場になりそうです。
少しずつガス抜きをしてください。
頑張るのは私たちが頑張るので、どうか無理をしないでください。


人間もそうですが、私は被災ペットのことが気がかりでなりません。
家族がいなければ私も保護活動に参加したいのですが、私にも守るべきものがあります。
子どもを置いてはいけません。
そこで代わりにやってくれている団体に援助をすることにしました。
たくさんの団体が被災ペットを保護してくれています。
本当に本当に頭が下がります。
ありがとうございます。
私はそのうちの一団体にペットフードと療養食を送りました。

私も大型犬を飼っています。
大切な家族です。
何かあったとき、この子を置いていくなんて考えられません。
でも、すぐ帰れると思ってペットを置いて避難した方たちがたくさんいます。
どんなに心を痛めていることでしょう。
そんな人たちの代わりにペット保護をしてくださっている団体がいます。
本当にありがたいです。

そちらのほうにウン万円も使ってしまい、やばい、今月どうやって暮らそうって一瞬思いましたが、まあ、仕事をいっぱい入れれば何とかなる!……はずです(^_^;)

私はどか〜んとは無理ですが、細く長い援助を続けていこうと思っています。

それから地震への不安はぬぐい切れませんよね。
私もそうですよ。
その不安を少しでも和らげるには、やはり備えが必要です。
備えあれば憂いなし。
まあ、備えても憂いが完全になくなるわけではないのですが、ただ不安がるよりは随分ましだと思います。

あと、意外かもしれませんが、ため息って体にいいんですよ。
ため息なんて・・・と思うかもしれませんが、気が張っているときにはため息が一番です。
緊張しているときって息を吐くことがおろそかになるんですよね。
吸うことばっかり気にしていたら過呼吸になっちゃいます。
人前ではちょっとと思う人は、1人のとき思いっきりため息をついちゃってください。

そういう私も、今仕事疲れで体調はいまいちです。
しばらくゆっくり過ごします。
そしてまた頑張ります!
頑張れない人は頑張らなくてもいいんです。
頑張れる人が頑張ればいいんですよね(^_-)


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村

ブログ王ランキング
ラベル:パニック障害
posted by keika at 12:09| Comment(0) | パニック障害について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月12日

頑張らなくていいんですよ

まだまだ東日本は揺れています。

次男が通う中学校にも福島から避難してきた中学生が2人転校してきました。
制服やカバンはもちろん持ってないので、卒業生に声をかけて用意しました。
見かけは元気だそうです。
でも、心の中は傷だらけだと思います。
2人とも次男の同級生です。
早くなじむことを願っています。

私もサポートしたいと思ったのですが、「あとナップとスリッパがない」と校長先生に言われたものの、長男のナップとスリッパは汚すぎて卒業と同時に捨ててしまったんです(>_<)
洗えばきれいになったかな。
でももう捨てちゃったし・・・。ごめんなさいっ。

あと、今度のPTA総会のとき役員として募金活動をするようです。
被災していない私たちが今、頑張るときですよね!

最近、よく「がんばろう!」とか「がんばって!」という言葉を聞きます。
聞くたびに、被災した人たちに「がんばって」は酷だなと思います。

パニック障害になって一番言われたくなかった言葉は「がんばって!」でした。
それは、うつの人にとってもそうでしょう。

頑張って頑張って頑張った結果、パニック障害やうつになったのだから、もう頑張れないんです。

被災した人も直後は本当に頑張ったと思います。
津波から逃げたり、家族を捜したり、慣れない避難所での生活。
私が心配なのは、そういう頑張っている人たちが仮設住宅などに入れたり、頼れる親戚や知人のところに身をよせてホッとした瞬間です。

今までにぴーんと張っていたものが緩んだ瞬間、今までの蓄積が心と体に来ます。
パニック障害やうつになる人もいるかもしれません。
そこで自分を責めなくてもいいんですよって私は言いたいです。
「自分はほかの人より恵まれているのに何でこうなんだろう」と思うかもしれません。
でも、私は言いたいです。

今まで頑張ってきたんです。突っ走ってきたんです。
だから、もうそんなに頑張らなくてもいいんです。
我慢しなくてもいいんです。

頑張るには基盤が必要です。気力、体力があってこそ頑張れます。
気力も体力もボロボロになっている今はエネルギーの充電が必要です。
まずはエネルギーの充電からです。

もう無理かも、立ち直れないかも、お先真っ暗だ・・・。
そんな考えがぐるぐると日々頭の中を回るかもしれません。

でもね、人生不思議です。
ずっとトンネルの中だと思っていても、いつかトンネルから抜けるときって来るんです。
本当に来るんです。

だから、今は頑張らず、我慢せず、しんどいときは休みましょう。
周りの人に甘えましょう。助けてもらいましょう。
人に頼るなんて・・・と思うかもしれません。
でも、人に頼られるのって悪い気しないんですよ(^^)

自分さえよければっていう人たちばかりだと思っていましたが、そうじゃない人っていっぱいいるんですよね。
世の中捨てたもんじゃないですよ\(^_^)/


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村

ブログ王ランキング
posted by keika at 11:55| Comment(0) | パニック障害について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月17日

地震でパニック障害になった人、再発した人へ(追記あり)

以前、東日本大震災後に書いた記事です。
5年前に書いた記事ですが、熊本の地震直後から毎日のように多くの方に読まれているようです。
何を書いたか覚えていなくて読み返してみましたが、訂正箇所があったので訂正しました。(2016/4/19)



最近、「地震」「まめい」「パニック障害」「過呼吸」というキーワードでこちらのブログにたどり着く人が多いようです。

被災してパニック障害になった人、再発した人、または地震の映像を見続けて過呼吸を起こしたり、パニックになった人が多いのではないかと心配しています。

私も被災したら100%再発する自信があります(^_^;)
一度なってしまったら、きっかけさえあれば何度も再発するのがパニック障害(または不安神経症)です。

でも、何度も再発しているからこそ対処方法も心得ています。

■発作が起きたときの対処法

発作が起きたときは、息苦しくなり、めまいがして、このまま死んじゃうんじゃないかという恐怖に襲われます。
そういうとき深呼吸や腹式呼吸をするともっと悪化します。
既に呼吸困難になっているときに深い呼吸をしようなんて思っても無理です。
それで何度死ぬ思いをしたことか・・・。

そういうときは寝息のような浅い呼吸をゆっくりします。
そして呼吸に集中します。
そのとき口や鼻を手で押さえたり、ハンカチで押さえたほうが効果があります。
鼻で吸って鼻で息を吐きます。

完全に過呼吸になっているときはビニール袋を口に当てて呼吸します。

以前はこの方法が主流でしたが、これってダメらしいですね。
ひたすら治まるのを待つしかないようです



■パニック障害になってしまったら

心身ともに限界を超えてしまっていることが多いです。

頑張らない、無理をしない、しんどくなったら休む。

発作が起きていないときは、1日1〜2回でいいので深い呼吸を心掛けてください。
口から息を長くゆっくり吐き、鼻から息を吸う。
できれば5分とか10分、そのときだけは何にも考えない。
何にも考えないのは無理かもしれませんね。
そのときは次から次へと浮かんでる来る不安を引き出しの中にしまうイメージでやってみてください。

しんどいこと、ショックなこと、悲しいことは我慢せず、口に出してください。
できればボランティアで話を聞きに行きたいくらいです。
聞いたら私も発作が起きそうですが・・・。


■テレビを見てパニックになったら

被災番組を見続けないでください。
脳に刷り込まれます。
不安は伝染します。

私もできるだけ見ないようにしています。
実は私も見続けて吐きそうになりました。

悲しいし、ショックだし、涙も出てきます。
でも、被災していない私たちが病んでしまうと何も手助けできなくなります。
必要な情報だけ手に入れ、あとは自分ができることをやりましょう。

被災した方に申し訳ないと思い、少しの気分転換ですら我慢する必要はないです。
不謹慎だと思われるようなことは自粛したほうが私もいいと思いますが、音楽を聴いたり、友達とコミュニケーションを取ったり、DVDを観たりすることに罪悪感を抱く必要はありません。

気分転換ができる自分は何て幸せなんだろうと再確認すると、そこでまた自分に何ができるか考えるきっかけにもつながります。

日本中が一緒になって悲しみに包まれるのではなく、希望の光を被災した人たちにも届けるべく行動を起こしましょう!

私はパニック障害になった人、再発した人たちに少しでも役に立つ情報を届けられたらいいなと思っています。

今は本当にしんどいかもしれません。
大丈夫、少しずつだけどパニック障害はよくなります。

パニック障害は心身からのメッセージです。

「もう無理だよ。休もうよ」「言いたいことは我慢しないで言おうよ」「不安でたまらない。助けて」……。
そんなメッセージだと私は思います。
それを一つずつクリアしていけば完治する病気だと思っています。

私は「無理をしない」というのはクリアできたけど、「言いたいことは言う」というところがクリアできてないので完治には至ってないのですが、原因がわかったので少し楽になりました。
クリアできるよう日々努力しています。

私もあなたと一緒です。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村

ブログ王ランキング
posted by keika at 14:28| Comment(17) | パニック障害について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする